水回りリフォームについて初心者によくある疑問や解決の方法を詳しく紹介

こちらのサイトは、初めての人向けに水回りリフォームについてよくある疑問点やその解決方法について初心者の方でも分かりように解説していきます。
業者のホームページにもよくある質問などのようなQ&Aページがあるけれども、初めての人にとってQ&Aでは解決できない最新設備を導入するためのコツやポイントにも触れていますし、トイレや浴室・キッチンなどの施工は気持ちを入れ替えるためのきっかけになるなど、このような点にも触れているので参考にされることをおすすめします。

水回りリフォームについて初心者によくある疑問や解決の方法を詳しく紹介

家の水回りは、長年使い続けていると色々な不具合が起きることも少なくありません。
新築で購入した家でも10年くらい経過すると、様々な不具合が生じるなどその都度修理が必要になることもあるわけです。
この場合、リフォームをすべきかそれとも修理をして使いづけるのか、このような選択肢が生じて来るリフォームすべきか否かについての疑問が生じるケースもあるのではないでしょうか。
基本的に、水回りでリフォームすべき状況で考えるのではなく修理を繰り返すよりもリフォームした方が安い、このような考え方で水回りのリフォームを検討すると良いでしょう。

ライフスタイルに合わせて水回りリフォームを実施するのが理想的

リフォームを行う際には、自分のライフスタイルの見直しを行うことが大切です。
特に水回りは、劣化しやすく毎日家族全員が使用する場所と言えます。
脱衣室、洗面コーナー、洗濯代、お風呂などそれぞれの役割は異なるはずです。
どの部分を日中・夜間に使うかをライフスタイルから考えるだけで、どの部分を優先的にリフォームすれば良いかがわかります。
玄関に手洗いのコーナーを設けたり、浴室周辺の水回りにクローゼットをつけるだけで、生活がかなり便利になるものです。
リフォームは、場所そのものを機能改善することも出来ます。
寒い浴室の床や壁を滑りにくいものに変更したり、暖房器を備えるだけで、温かい入浴が楽しめるものです。
奥様ひとりがキッチンで作業をするのではなく、家族全員で一緒に料理を楽しめるオープンキッチン型リフォームも、現在は人気を集めています。
トイレや洗面台などに関しても、常日頃不便に感じている部分がないかどうかを確認するべきです。

水回りリフォームを行うタイミングは何年?

水回りのリフォームは、リクエストの多い施工です。
しかし、外見上には問題がなくても、ある日突然水のトラブルが発生することだけは避けたいでしょう。
水回りリフォームには、行うべきタイミングがあるのです。
住宅そのもののリフォームの時期は、10年から20年と言われています。
水場の手直しのタイミングも、おおよそ10年から20年の間に実施することがベストです。
特に20年をこえると、水道のパッキン部分や配管部分に故障が生じやすくなります。
理想は、耐用年数をオーバーする前にリフォームを行うことです。
出来れば、10年に1度には定期検診サービスなどを受けると良いでしょう。
こうすることで事前に水漏れ箇所を防ぐことや、熱効率が下がることを防ぐことが出来ます。
もともとの使い方に関しても、注意が必要です。
どれほど最新式のキッチンでも、使い方によってはすぐに劣化する可能性があります。
日頃からメンテナンスを怠らず、清潔に使うことで長持ちさせましょう。

水回りリフォームでよくある失敗例

住宅の中でも利用頻度の高い水回りに関しては、劣化するスピードが速くなることが多く、その都度リフォームを行うことで最新の設備を整えることができます。
リフォームで失敗に感じてしまう事例はあり、ユニットバスや洗面台においては坪数と横幅に合わせる方法になるので問題は起きにくい設備になりますが、キッチンの移設工事では注意が必要です。
キッチンを新しくリフォームする方の中には、以前は壁側に設置していたキッチンを、対面式に変更する方が非常に多い傾向にあります。
移設工事自体は問題はありませんが、対面式にするとキッチンの中に入る通路が狭くなってしまうことがあり、この問題を回避するにはペニンシュラ型を選ぶ方法や、シンク台側でサイズをコンパクトにする方法はあります。
トイレの場合でも失敗例はあり、旧式のトイレの場合は給水タンクがコーナー側に完備されているものを、新しい便器へとリフォームすることで給水タンクの位置が正面になると、必然的に便器は以前よりも手前側に設置する必要性があるので空間が狭くなることも問題点です。

水回りリフォームで失敗しないための方法

水回りリフォームで失敗しないためには、見た目で判断しないことです。
一般的には水垢が落ちにくくなり汚れが目立つようになったら、リフォームを検討し始めるでしょう。
しかし目に見える水垢やカビが増える前に、床下は水漏れやシロアリの影響で腐食している場合があります。
腐食が進んでいる場合は補修費用が増加してしまうので、築20年を目安に検討してください。
水回りリフォームは、まとめてやるのもおすすめの方法です。
キッチンやお風呂、トイレなど複数の箇所を一度にやることで、費用は大幅に節約可能です。
施工会社にはセットパックも用意されており、格安な費用でできるプランも用意されています。
別々にそれぞれの箇所をリフォームすると、当然ながらセットパックを使えないので料金は高くなります。
またお風呂のみの工事だと洗面所側の壁は工事ができないなど、設計の自由度も下がってしまうので、これから始めるならセットプランを利用しまとめてやりましょう。

水回りリフォームの主な施工事例とは?

水回りリフォームを実際に行う前には、業者の施工事例を確認したいものです。
現在では、ほとんどのリフォーム施工会社がインターネットなどに水回りの工事完了後の画像を掲載しています。
WEBで確認できなくても、依頼主が見たいと希望すれば、大抵の場合写真などを業者が見せてくれるものです。
気軽にオーダーし、好みの事例があれば積極的に取り入れるようにしましょう。
複数の事例を見ることで、リフォームのイメージも膨らみます。
キッチンは特に、違いがわかりやすい部分です。
大抵の場合はセットではめ込むタイプですが、現在は好きなパーツを選んで設置する方法も採用されています。
お風呂リフォームも、見逃せないポイントです。
冬でも安心して入浴できるタイプの浴室や、せまいバスルームを一気に広くしたというケースが見られます。
これらには基本設備とオプション設備がありますので、気に入った事例はどの部分までが基本設備なのか、確認すると良いでしょう。

老朽化によるリスクを低減できる水回りリフォーム

自宅の老朽化によって水回りのリフォームをする方がいますが、何もせずに古いままで生活を送っているとリスクが出てしまうので、その内容を予め把握しておくと良いタイミングでリフォームを行うことができます。
例えば洗面台の場合では、片方が壁側と密着させているレイアウトの場合、壁との隙間にはカビが大量に発生してしまう可能性があり、壁と床面を腐食させてしまうので新品へと交換をする際には、従来型のビニールクロスではなく樹脂製パネルなどを壁側に施工する方法で問題点を低減することに成功します。
トイレの場合では老朽化によって水漏れが起きている場合、修理会社に依頼をして直せることは多いのですが、特に給水タンク内のパーツが壊れてしまうことで何度も修理を必要とするならば、つまりの問題も含めて早めに新品へとリフォームをすることでトイレが使えないというリスクも回避することができます。
バスルームやキッチンの場合は意外と長持ちする設備になるので、水漏れ以外の問題ではそれ程急ぐ必要性はありません。

水回りリフォームはまとめて実施するのがお得?

部屋の間取りには茶の間や個人の個室など色々スペースがありますが、その中で重要な箇所となるのが水回りになります。
食事の準備をする場所としてキッチンの他に、お風呂やトイレに洗面台などがあります。
必ず毎日使用する箇所であり、水を使用するという場所だからこそ経年劣化に注意が必要です。
長年生活することで水による腐食もふくめ、不具合などが出てくる事が多い場所と理解しておく事が大切です。
状態が悪くなった場合であればリフォームを行う事が必要ですが、場合によってはまとめて工事を実施するのも検討するようにします。
リフォームの工事内容としては単純に部品の交換という内容だけでなく、配管工事や移動工事など大掛かりな作業が必要です。
水回りをまとめて工事する場合、一度に配管などの工事が行えるので費用を抑える事が出来るケースもあります。
リフォームを多く手掛けている企業であれば、一度に工事をしたほうがよいかも含めて相談することでよりお得に工事する事に繋がります。

水回りリフォームで人気のある施工内容とは?

老朽化によって水回りのリフォームを行う際には、人気のある施工内容があるので、事前にチェックをしておくと後から失敗に感じることは無くなります。
まずはキッチンは非常に有名ですが、I型のタイプからオープンキッチンに施工するリフォームがあり、一気に新しい住宅のような見栄えに変えることができます。
トイレではタンクレストイレが人気があり、施工費用は少し高くなりますが給水タンク自体が無くなることによりトイレ内を広く使えるメリットが人気です。
注意点はありタンクレストイレは電気を使う機材になります。
停電が起きてしまうと水を出すことができませんが、タンクレストイレの中には停電時には手動で水を流せる機種があるので確認することは必須です。
他にも洗面台も人気のある施工内容があり、従来型ではコンパクト型のユニット式になりますが、高級ホテルのような見栄えのカウンタータイプの洗面台を設置する方法が該当しています。
このタイプは設置場所の壁の横幅に影響されますが、収納スペースを増やすことができることも人気の理由です。

格安で水回りリフォームを行うならセット・パックがおすすめ

トイレや浴室をリフォームするときには、ピンポイントで施工会社の作業を依頼することが多いです。
しかし不具合が見つかる都度リフォーム工事を発注すると、総額が割高になるのが実情です。
けれども水回りのセットプランの活用で、格安料金で必要な設備をまとめてリニューアルできます。
定番のセットプランの場合には、複数の会社の見積もりを比較すると工事費を最小限に抑えられます。
もちろん費用だけではなくて、作業の丁寧さやアフターサービスにもこだわる必要があります。
地域で評判の会社であれば、安心して水回り全体のリニューアルを発注できます。
一方でまとめて複数の設備を改造する場合には、一人一人のニーズにマッチしたプランを選ぶことが大切です。
様々なシステムキッチンや給湯器の組み合わせが可能なプランは、設備を自由自在にカスタマイズできるのが魅力です。
節電や節水の効果にも注目して製品を選ぶと、日常的なコストの削減も容易になります。

リフォームに関する情報サイト
水回りリフォームの疑問

こちらのサイトは、初めての人向けに水回りリフォームについてよくある疑問点やその解決方法について初心者の方でも分かりように解説していきます。業者のホームページにもよくある質問などのようなQ&Aページがあるけれども、初めての人にとってQ&Aでは解決できない最新設備を導入するためのコツやポイントにも触れていますし、トイレや浴室・キッチンなどの施工は気持ちを入れ替えるためのきっかけになるなど、このような点にも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search